任意売却を考える

任意売却の意味と時代の流れ

任意売却という言葉がよく使用されるようになったのもここ十数年の事です。住宅ローンを組んで住宅を購入し住宅の価値と残りのローン残債を比較した場合バブル期は当然住宅の価値のほうが高かったのです。そうするともし住宅ローンが支払えなくてそもの住宅を不動産屋などに売却したお金でローンを全額一括返済可能でした。こういう時代には任意売却という制度は必要ありませんでした。しかし住宅の価値が購入時をピークとして年々幹型下がりという時代には住宅ローンの残債よりも住宅の価値が低くなります。そうすると住宅を売却したお金だけではローンを支払うことはできず任意売却という手段を利用する人が増えたのです。そのため、最近は住宅を購入する前から、任意売却についての知識を得ておくことが必要だと言われています。

誰でも行えるわけではない

バブル期でも住宅は住宅ローンの担保として抑えられているので簡単には売ることはできません。しかし金融機関からしてもローンの返済をしてもらえない状況を回避するために住宅を売却した費用でローンの一括返済ができると分かると住宅を売却することを認めてくれるケースが多いのです。しかし任意売却となると売却してもローンをすべて返済してもらえるわけではありません。そうなるとどの金融機関でもすんなりと任意売却を認めるというわけにはいかないのです。そのため、任意売却を行いたいと考えた際には、すぐにでも住宅ローンを組んでいる金融機関に相談しましょう。任意売却後にしっかりとした返済が出来ると分かれば、金融機関も任意売却に応じてくれる場合が多いのです。